FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

test

test
スポンサーサイト

App Inventorで簡易ミュージックプレーヤーを作ろう

App Inventorで簡易ミュージックプレーヤーを作ろうです。
ミュージックプレーヤーを作っていきます。
App Inventor for Android2
ブラウザで作る方はこんな感じです。
ボタンやラベル等Renameはこんなかんじでやりました。
曲を選択→choice
Text for Label2 → file
再生→Play
一時停止→Teisi
1→Button4
2→Button5
3→Button6
Text for Lavel4 →label4 (5,6も同様)
(合わせて頂くと以降のブロックエディタの解説が見やすくなります。ブロックエディタの解説ではこれらの表記を用います。)

Activity Starter(Other Stuff),Player(Media),Tiny Db(Basic)も追加しておきましょう。
Activity Starterでは今回はAndExploreを使用します。もし実機で確認する際はこのアプリをインストールしておいてください。
AndExplorerをアンドロイドマーケットで見る
(https://market.android.com/details?id=lysesoft.andexplorer&feature=search_result)

Acitivity Starreの設定は
Action(上から1つ目) : android.intent.action.PICK
DateType(上から4つ目) : vnd.android.cursor.dir/lysesoft.andexplorer.file
DetaUrl(上から5つ目) : file:///sdcard/media/
他は空欄で構いません。
DetaUrlは自分の端末で保存している場所です。file:///はどの端末でも同じだと思いますがその後に自分が音楽ファイルを保存している場所を選択して下さい。私の場合はsdcard/media/というフォルダに音楽ファイルを保存しているのでその場所を指定しました。機種によりことなるのでスマホのファイラーでご確認下さい。



続いてブロックエディタです。
CapD20111013_1.jpeg

左上:choice(曲を選択)を押した時にActivity Starterを起動します。
左下:左上でActivity Starterを起動した時の動作です。sourceという変数にファイラーで選んだファイル名を入れています。Activity Starter1.ResultUrlというのはファイラーで選んだファイル名を示します。
さらにfileというテキスト(選択した曲:◯◯の◯◯の部分)にそれを表示します。そしてメソッドProcederを実行します(これは後述します)
右上:Play.Clickは再生というボタンを押した時の動作です。変数sourceに入っているファイル名を再生するようにしています。
右下:一時停止というボタンを押した時の動作です。Player1を一時停止させます。


CapD20111013.jpeg

左上:アプリを起動した時の動作です。左下と見比べてみてください。
左下:前の左下で出てきたProcedureというメソッドです。
Tiny Dbは「タグ*◯◯」として関連付けて保存します。
もしk<3ならばタグkにsourceを保存、さらにk=k+1としてkを1増やします。
もしk>=3ならばタグ1にsourceを保存、さらにk=1とします。
なんともわかりにくい説明ですね。具体例で考えてみましょう。
(大文字三連続(AAA等)は歌手名、小文字一文字(a)は曲名と思って下さい。)
①AAA/a
②BBB/b
③CCC/c
このように選択した場合、
tag text
1 a
2 b
3 c
というように保存されます。
④DDD/dを次の曲を選択した場合、k>=3なのでk=1に戻り、
tag text
1 d
と(tag 1,text a)が上書きされます。
(分かりにくい説明で申し訳ありません・・・)


右:ボタン4を押した場合を考えます。
Button4.Clickは「1」というボタンを押した場合です。この時に左下で保存したものを呼び出します。
ここではtag 1で保存したものを呼び出しましょう。それのブロックが「TinyDb1.getValue →1」というブロックです。このブロックはTinyDb1のタグ1のものを取ってこいという命令です。
ボタン5,6も同様にします。ただしタグを2,3としています。

これだけで完成です。実機で試してみてください。
非常に簡単に簡易ミュージックプレーヤーができましたね(タグ等で若干頭を使いますが・・)
このアプリにもう少し工夫をすればサムネイル(アルバムのジャケット)を表示したりできますね。その辺りは各々工夫してみてください。

広告






テーマ : androidアプリ
ジャンル : 携帯電話・PHS

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

QRコード

QR

プロフィール

びーさん1582

Author:びーさん1582
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

広告
ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
携帯電話・PHS
234位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
Android(Google)
66位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
ブログランキング
人気ブログランキングへ
関連ページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。