FC2ブログ

タイマー機能を使って、10秒ゲームを作ってみよう 1日目(App Inventor、初心者、ゲーム、サンプル)

今回は前回習得したタイマーの知識を使って簡単なゲーム、10秒ゲームを作ってみたいと思います。
10秒ゲームというのは、いかに10秒付近で時間を止められるかというゲームです。昔ストップウォッチでやった経験がある方は多いのではないでしょうか。
その前にブロックの使い方を忘れた方はこちらへ。
App Inventor徹底解説

まず作成するアプリの概要を説明したいと思います。
開始と停止のボタンがあり → 開始を押してから停止を押すまでの時間を計測 → その結果を表示 → 最高記録表示
という流れです。
1日目:表面を作る
2日目:ブロックエディタ① ゲームが動くようにする 
3日目:ブロックエディタ② 最高記録保存機能を付け加える
こういった流れで説明したいと思います。

1日目:表面を作る
いつも通り表面から作っていきましょう。Myproject→Newで新しいアプリを作成します。名前は何でもいいですが、私は「game_jikan」としておきました。
まず必要な部品を考えましょう。
今回必要なのは開始ボタン、停止ボタン、結果表示部分、最高記録表示部分、最高記録保存機能ですね。
前二つは「Button」、表示は「Label」、保存は「TinyDB」というのを使います。
App Inventor for Android

まーこのような感じに配置ですね。文字の大きさや色は自由に変えてください。
注意点は二つ程あります。
1.「結果: 秒」としておく
これは3つラベルをHorizon Arrangementで横に並べているのですが、真ん中の結果の秒を表示する部分だけは見えなくしておきましょう。図のVisibleのチェックを外すと見えなくなります。
一番下も同様に「1位: Text for Label8 秒」と3つのラベルに分けておいてください。

2.Clock,TinyDBについて
これは目には見えませんが置いてください。Clockは前回のタイマーで勉強しましたね。
もしまだの方はこちらへ
TinyDBとはずばり保存機能です。アプリで使用する通常の変数はアプリを終了すると消えてしまいます。それだと次に起動したときに記録を保持できませんね。そこで使用するのがTinyDBです。これは自分で名前を付けた場所に文字でも数字でも保存することができます。
これで必要な部品は揃いました。
では次回中身であるブロックエディタを作っていきます。

広告


簡単な10秒ゲームを作ってみよう 2日目 ブロックエディタ①
スポンサーサイト



簡単な10秒ゲームを作ってみよう 2日目(App Inventor、初心者、サンプル)

さて今日は10秒ゲーム2日目です。
1日目がまだの方はこちらへ

各ブロックの働きが詳しく知りたいという方はこちらへ

2日目はブロックエディタ①ゲームを動くようにしようです。
では前回作ったプロジェクトのブロックエディタを開いてください。
完成図はこんな感じです。
Greenshot_2011-04-28_13-30-23.png

では順番に説明していきます。
まぞ大きく青四角と緑四角があり、その他3つは変数の宣言です。
青四角
ここは「start」というボタン(名前は自分で付けた名前です)、つまり「開始ボタン」を押したときの動作です。
中身は「start」という変数に「Clock1.SystemTime」というのをset、つまり入れていますね。
この「Clock1.SystemTime」というのは現在の時間を表す数字だと理解してください。つまり開始ボタンを押した瞬間の時間が「start」という変数に入ります。
単位はミリ秒であることにも注意してください(1000ミリ秒=1秒)

緑四角
ここは「stop」というボタン、つまり「停止ボタン」を押したときの動作です。
一つ目は先程と同じ動作ですね。停止ボタンを押した瞬間の時間を「stop」という変数にいれています。
ここで変数に入っているものを思い出してみてください。

start = 開始ボタンを押した瞬間の時間
stop = 停止ボタンを押した瞬間の時間

現在こうなっていますね。つまり「stop - start = 開始を押してから停止を押すまでの時間」というわけです。
これを計算するのが2個目のブロックです。
そして3個目のブロックで単位を変換しています。現在kekkaはミリ秒ですので1000で割って秒に直しましょう。さらにset kekka.textで「kekka」というラベルのテキストを変数「kekka」にしています。
つまり結果を表示させています。
最後に4個目のブロックで「kekka」というラベルを見えるようにしています。(1日目に見えなくしたところです)これは「set ○○.Visible」をtureにすれば見える、falseにすれば見えないとなります。

広告

これで一応10秒ゲームは完成です。
では試してみましょう。
SC20110428-135352.png

起動画面はこんな感じです。
では実際に操作してみます。開始を押して10秒経過したと思うところで停止を押します。
SC20110428-135413.png

いい感じですね。開始→停止という順番は厳守です。
停止を連続で押すと・・・せこい技なので使わないようにしましょう。(もちろんブロックを追加することで防ぐことはできます)
では明日は「簡単な10秒ゲームを作ってみよう 3日目 最高記録の保存」に挑戦したいと思います。お楽しみに。

広告


3日目へ

最新記事

全記事表示リンク

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

QRコード

QR

プロフィール

びーさん1582

Author:びーさん1582
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

広告
ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
携帯電話・PHS
388位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
Android(Google)
92位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
ブログランキング
人気ブログランキングへ
関連ページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク募集中です

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる